mercari攻略!主婦に嬉しい副収入

フリマアプリ『メルカリ』で簡単に副収入

【メルカリ】自宅の不用品もお金に♪ゴミじゃないよ!宝物なんです!!

いらない物がお金に変わる!?誰でも簡単に♪

f:id:punikoko:20170528211032p:plain

今はCMなどでもかなり知名度が上がったメルカリ。

名前だけならほとんどの人が知っているでしょう。

私の母がメルカリ中毒なくらいです(笑)

売るのも楽しい、買うのも楽しい♪そんなメルカリで、さくっとお金を手に入れるために是非お読みください(・∀・)

 

 

 

meru.hatenablog.jp

  

お金が欲しい!メルカリで”高く売る”コツ

メルカリでは、さくっと簡単に商品を出品することができます。

 


過去記事にも色々書いてはいますが、メルカリで商品を高く売るための秘訣。

それは・・・

  • 4枚の写真
  • 説明文

この2つで、全てが決まると言っても過言ではありません。

(送料別の商品に関しては、モノによっては売れにくいものとなります)

 

写真は明るいところで!ピントを合わせて!商品の見栄え!!

メルカリは1分の間に何十・何百という商品が出品されています。

そんな激戦区のメルカリですが、ファーストインプレッション

そう第一印象がとっても大事になってきます。

 

その為に、1枚目の写真は商品が良く分かる全体が写っているもの

2枚目以降は、商品の細部だったり、何か不都合のある部分を必ず写します。

 

スクエアサイズの写真が出品画像として使われるので、最初からスクエアサイズでカメラに収めておけば、構図などが崩れることもなく楽々出品できますよ♪

 

上級者テクニックとしては、アプリでの写真加工もオススメです☆

ただしやり過ぎはNG!

適度に画像を明るくしたり、色を実物に近づけるなどの加工をすると、売れ行きもグンと上がります!!

 

 

説明文はしっかりと!欠品や不具合も必ず記載!

たまに出品されている商品を見ていると、説明文が『商品の名前だけ』なんていう恐ろしい商品があります・・・

 

いやいやいや!

名前は大事だけど、必ず

  • 使用・未使用・新品
  • 使用済みなら期間はどのくらいか
  • 傷・汚れはどこにどの程度なのか
  • 欠品や破損の有無

これくらいは最低限書きましょう(・∀・)

 

もし、ゆっくり出品が出来る方なら、

  • 商品を手に入れた経路(ショップでの購入、メルカリで中古を購入など)
  • 値引き・割引に応じるかどうか
  • 梱包方法など(プチプチに包むなど)

ここら辺まで書ければ、『かなり親切丁寧な出品』という印象を与えられます。

 

写真で全て判断してください』なんていうひどい説明文は避けたいですね(汗)

 

 

 

メルカリは何でも売れる!ゴミと思っても人によっては宝物!!

メルカリで出品されている商品で、かなり不思議なものも中にはあります。

こんなの買ってどうするの?

100人中99人がそう思っても、たった1人の人が買ってくれるかもしれない。

そんな無限大の可能性を秘めているのが、メルカリ。

 

大量のペットボトルのキャップ

正直、何かものづくりが好きな人向けなのかな?と思いますが、何十個も出品する方もすごい・・・。

大量のトイレットペーパーの芯

分からなくはないけど・・・うん。

何かの懸賞の応募券

あと1枚足りない!そんな人には嬉しい出品物。

 

上記の物が実際に出品されています。

 

ね?なんでもありでしょ?

 

とは言っても、本当に”なんでもあり”なわけではありません。

一時期問題になった『現金の出品』アウトです。

きちんと管理している運営がいますので、法律に触れる商品は削除されます。

場合によっては、アカウント停止などの処置もあります。

 

子供の頃遊んでいたおもちゃ。部品なくても売れる!

もちろんあった方がイイに越したことはありませんが、コレクターにはお宝!

『レア・ヴィンテージ』という言葉に誘われて、商品を見てくれる人も多くなります。

完備品であれば最高ですが、欠品・破損等があっても、当時の金額より高い価格で取引されることもしばしばあります☆

 

サイズアウトした服!捨てないで!それ、ブランド品じゃない??

何年も前に購入した服、タグを見てみてください。

襟のところや服の内側サイドに付いているアレです!!

 

どこで買ったか分からない。こんな名前知らない。

 

ノンノンノン!!

 

とりあえずネットで検索してみてください。

結構、謎ブランドの服も高価なものだったりするんですよ!!

 

母が頂いてきた服、イタリアの高級ブランドでしたw

「こーんな派手なシャツ、着れないよね(苦笑)」と親戚に貰った服、イタリアの高級ブランドだったようで、定価10万円前後する服だったようです。(笑)

メルカリを始めた頃は「うちに売れるような物なんて何一つないよ〜」と言っていた母でしたが、タンス・クローゼットを引っ掻き回せば出てくる出てくる宝の山w

意外とアナタのお家にも眠っているかもしれません・・・。